メイン画像

レーザー脱毛は最近やられている脱毛のうち一番選ばれているやり方と言えます

レーザー脱毛は最近やられている脱毛のうち一番選ばれているやり方と言えます。これは、レーザーの光線を皮膚の下にある黒色の毛や毛根部分に当てて傷を加えその後毛が生えてこないようにしてしまいます。メリットは、痛みが少ない、短期間でできるということです。レーザーは黒い毛(メラニン)に反応するので、色の薄い毛やうぶ毛はあまり効果がないのが弱点と言えるのではないでしょうか。

むだ毛を自己処理する人はだいぶいるでしょうね。家でできるし安上がりです。というものの、本当は良くありません。カミソリを使うと肌が痛むし、肌を守るために毛が増えたり濃くなってしまったりしてしまいます。ピンセットで抜く人もいるようですが、毛穴に黴菌が入り炎症を起こすこともあります。肌や毛穴の損傷はいずれは色素沈着となり黒っぽくなるもととなるのです。自己処理は肌の不安を増大させるので用心が必要です。

毛には3種類の決まった生えかわり用の周期があるのです。「成長期」「退行期」「休止期」の3種類でこれらのリピートを“毛周期”と呼ぶようです。毛周期は生えている場所によって異なっていて、3か月くらいの短い期間のものから5年ほどの長い期間のものまであるといいます。成長期は、毛母細胞が分裂をしだし毛が皮膚の表面に出て伸びる期間なのでしょう。退行期には毛が伸びることがストップしてしまし、抜け落ちの準備を開始します。毛細胞の分裂は止んでしまいます。休止期とは、毛が取れて新毛が生え出てくるまでの時間のことを言うものです。脱毛する時は毛周期を考えて行った方がよりスムーズに脱毛できるでしょう。